不動産投資は手段です

2019/04/12
ロゴ

不動産投資は手段です


こんにちは
神奈川県茅ケ崎市の不動産会社のJPNモリバーランド株式会社
の森川です。

 


投資をする上で、手段と目的を区別する必要があります。
それは不動産投資も同じです。


そして、成功を収めている方の多くは
【手段にこだわると失敗をする、大事なのは目的にこだわる】
と言うマインドをお持ちの方が多いように思います。

 


そこで質問なのですが、あなたにとって不動産投資は「手段・目的」どちら
ですか?


私は不動産投資は手段だと思っています。
ちなみに、株式投資・投資信託・FX・副業なども手段です。


では何をするための手段なのか?
それは、お金や資産を増やすための手段です。


それを踏まえて、よく不動産投資を検討する上で、立地や築年数や金融機関に
こだわる方がいらっしゃいます。
たしかに不動産投資をする上で重要な条件です。

しかし。あなたもそういったこだわりを持っているなら、一旦手放すことをおススメ
します。

理由は
立地・築年数・金融機関が優れているからと言って、必ずしも投資対象として
優れていると言うわけでもないからです。

 


当社の場合、セミナーにご参加頂くお客様が多いので、複数の会社から提案を受けている
方が多くいらっしゃいます。

 

そして多くの方は、他社さんで築浅の物件や新築を提案されています。
中には立地が良い物件もあったり、魅力的な物件を提案されているケースも
多くあります。


でも、ほとんどの物件は、20年後~25年後に出口戦略を描けてくるような提案です。

一方で当社の場合は10年後~15年後には出口戦略を描けるような物件をご紹介させて
頂いています。


最初は築浅物件に魅力を感じていた方でも、目的と手段の話をしっかりさせて頂くと
投資の本質に気づいて頂いて、当社の提案を理解いただける方が多いように感じます。

 

投資である以上、早い段階での利益確定は重要です。

 

 

まとめると
資産を作ることが目的になると、不動産投資の見方はシンプルになり成功しやすくなります。
投資をする事が目的になると、情報過多に陥りやすくなり成功するのが難しくなるかもしれません。

あなただったら、どちらを選択して成功をしたいと思いますか?