2019/02/06
ロゴ

不動産投資は利回りと金利が重要

 

 

こんにちは
神奈川県茅ケ崎市の不動産会社の
JPNモリバーランド株式会社です。
今日はしっかりと雨が降り久々に潤った空気
になりましたね。

 

 

いきなりですが質問です。
利回りが8%の物件と利回りが7%の物件
あなただったらどっちを買いますか?
(立地や築年数などの条件は同じです)


もうすこし条件を追加をします。
利回り8%だけど金利は3%
利回り7%だけど金利は1%


物件の利回りだけの条件だったら8%の物件が
良いと思います。


でも、現金購入ではなく銀行借り入れをする際
には金利の条件が重要になります。


金利の条件を追加した場合
利回り8% 金利3% 利回りと金利の差5%
利回り7% 金利1% 利回りと金利の差6%
この場合だと7%の物件を買った方がお得となります。
この差の事をイールドギャップと言います。

 

このイールドギャップは見落としがちなのですが
重要な指標になります。

 

 

例えばAと言う会社は、1.6%の金利が使えると言います。
でも、物件の利回り4%だったらイールドギャップ2.4%です。

Bという会社は、4%の金利しか使えないです。
でも、物件の利回りが8%だったらイールドギャップ4%です。


ここで言えるのは金融機関との提携が強い事が重要ではなく
扱っている物件と、扱える金融機関のバランスです。

 

JPNモリバーランド株式会社では、このバランスを兼ねそろえた
ご提案をすることができます。
もしご興味がありましたらお問合せください。


今日もお読みいただきありがとうございます。